色々な場面で活用できるCAD!その強みとは!?


コンピュータで設計ができるシステム

世の中には建築や工業など、設計が必要な場面が数多くあります。そんな時に活用できるのがCADで、コンピュータ内でほぼ全ての製図作業を行うことができるシステムです。そのCADは複数の種類に分かれていますが、技術力があればオーソドックスなタイプだけでも色々なものの製図が可能です。そしてその他の土木やインテリアなどに特化したタイプのCADを使用すると、作業効率が高まる可能性があります。

安定したクオリティの設計をしやすい

CADで製図をする際には、コンピュータの機能によって使用する線の太さやカーブの角度などを統一することができます。線を引く際の力加減やブレなどが製図に影響することは、基本的にありません。もちろん作図者によって個性が出る部分もあるかもしれませんが、最低限のクオリティは保証されるでしょう。

すぐに元に戻せる機能

数あるCADの機能の中でも、使い勝手の良さに直結するのは、元に戻せる機能です。製図作業では何のミスもせずに完成させることは非常に難しく、うっかり間違った線を引いてしまうのはよくあることです。そして紙の製図だと消してはいけない線に気をつけながら、間違った線を消していかなければなりません。けれどCADだと少しのボタン操作で簡単に線を引く前の状態に戻せます。

立体モデルの設計も容易

CADでは紙に製図するように2次元の設計を行うタイプもありますが、ほとんどのタイプで立体的なモデルを作ることができます。立体図は奥行きを考えたり、見る方向によって変わる角度を計算したりしなければ、簡単に崩れた仕上がりになってしまいます。けれどCADだと角度計算はコンピュータが勝手に行ってくれる上に、図面を丸ごと回転させることも可能なので、立体的な製図もそこまで難しくはありません。

水道CADは、パソコンやコンピューターを使って水道の製図や設計図を作成するツールの事を指し、時間短縮など効率性を高める事ができます。