今更聞けない?LEDの特徴と導入する際の注意点


LEDの特徴とメリットやデメリット

LEDはいわゆる発光ダイオードと言われるもので、証明として使われます。今や一般家庭にも普及しており、誰でも家電量販店などで購入することができるでしょう。LEDの特徴は少ないエネルギーで高い発光効率を備えている事で、従来の白熱電球よりも遥かに少ない電力で発光可能です。白熱電球と比べると、およそ1/5から1/10ほどの電力で使えることからエコ面で大きなメリットが有ると注目されています。

また発光量に関しても申し分なく、加えてその光には紫外線や赤外線が含まれません。紫外線は肌にダメージを与えるものとして知られており、それが無いことでの健康面へのメリットがとても大きいのです。またLEDは電球切れを起こす時もいきなりプツンと切れることがなく、徐々に光量が落ちていく形で切れていきます。そのため完全に光らなくなる前に余裕を持って次の電球を用意できる点も優秀です。

LEDを導入する時に気をつけたいポイント

非常に便利なLEDですが、導入する際に気をつけるべきポイントもいくつかあります。まずひとつはLEDが使えない設備が存在するということです。LEDは調光器が繋がった照明器具では使えないのが一般的です。調光器に繋がった照明器具で使いたい場合は「調光器対応」と書かれている専用のLED電球が必要になるでしょう。またLED自体の発熱量は比較的少ないのですが、LED素子は熱に弱い特性を持っており、もし熱がこもりやすい照明器具で使った場合故障の原因となる可能性があります。LEDは商品ごとに光の広がり方が違う作りになっているため、その点もよく調べて導入すべきでしょう。

LEDライトパネルは、さまざまな場面で使えます。屋外看板として使用すれば遠くからでも店舗を見つけやすくなり、宣伝ポスターであれば駅や店舗など色々な場所で利用することが可能です。